桐野夏生 – “ナニカアル”


この人も出たら読んでますが、ここ数年のベストではないかと。
林芙美子の未公開原稿の形を借りた評伝なんですが、
リアルかつ赤裸々でどこまでホントなのか・・・かなり面白いです。
読書傾向がほとんど私と被らない相方も、この本は褒めてました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です