月別アーカイブ: 2006年4月

mixi

ヒマにまかせて、以前作って放置してたmixiを再開。
仕事環境が変わるので、その辺の情報収集に使えれば。と。
やってる方、連絡ください。
まだ使い方がよくわかってませんが、ぼちぼちやっていきますのでー。

なんと!!

次の会社からメールが届き、
5/1・5/2は主要メンバが出張で不在なので、出社不要とのこと。
というわけで、ニート生活が5/8(月)まで延長となりました。。
ちょっと拍子抜け~。

送別会

恵比寿もつ擴で飲み。
2年前まで一緒に働いてた皆さんと、よもやま話でまったりと盛り上がる。
ごっつあんです。
=======
次の会社のヘルプデスクに電話して、会社PCのPWを聞く作業。
US東海岸なので、夜か早朝しか直でつながらないってのは、なかなか不便ですな。
英語はまぁなんとか。ふー。

転職祝い

相方のお母さんから、阪急のシャツ仕立券と生地をいただいたので、

さっそく有楽町阪急7Fで仕立てに行きました。
わりと標準的な体型なので、サイズ38の既成品でいつも事足りてるんですが、
さすがフルオーダ。襟の形・カフスの種類などを選んで、全身かなり細かく採寸。
5/13に完成予定です。楽しみ~。

屋久島を歩くときのポイント

私たちは少人数のクルーで、いいガイドさんだったんですが、
大人数もしくは個人で行く場合もあると思うんで、
ガイドさんから、いくつかアドバイスいただいたことを書いておきます。
行く方は是非参考に。
【ガイドさんからのアドバイス】
☆苔を傷つけない
屋久島は花崗岩でできているので、豊かな土壌がもともとあるわけではない。
森になるまでには、
・ざらざらの花崗岩の表面にうっすらと苔が生える(数十年かかる)
・その中に種子が落ちる(湿度・温度・直射日光を防ぐetc)
・そこからさまざまな木が成長、落ち葉・倒木で土壌ができ、木が育つ
ため、森にとって苔の存在が非常に重要。傷つけないように。
☆根を踏まない
根は木にとって血管にあたるので、何万人も踏むと機能しなくなってしまう。
足場確保のためやむを得ず踏んでしまうときは、「失礼します」という気持ちで。
☆葉一枚も持ち帰らない
落ち葉にも分解されて土壌となる役割がある。
そのほか枝も虫も、すべて役割があるので、
何も持ち込まず、何も持ち帰らないように。。
非常にためになりました。。

まったり

今週でニート生活も終わり。というわけで、家事でもしながら
“フェスティバルエクスプレス”のDVD見てます。
若き日のBuddy Guyの演奏がかなりイイです。
ウッドストックのスライみたいな感じ。
===========
最近HOUSE関係のネタがなかったんですけど、
DJ TONKO-2氏Blogで紹介されてたSTEVE BUGのMIX
はかっちょいいっすね。
音数少ないんだけど超グルーヴィ。オススメです。
今週あたりから、レコ買いも再開しますんで。
>TONKO-2氏
よろしくー。

屋久島旅行4日目

曇り→小雨。
ゆっくりと朝ご飯を食べ、宿の主人に港まで車で送ってもらう。
トッピーで鹿児島港についたら横殴りの雨。
相方の先輩とお昼を食べて、高速バスで鹿児島空港へ。
羽田18:00着。
以上、屋久島旅行でした~。
最後に、鹿児島でもらったかるかん(明石屋)。
餡子なしで、もちもちでおいしかったー。

以上取り急ぎってことで。
三泊四日の国内旅行とは思えないほど、いろんなことを考えさせられた旅でしたが、
そのへんは、後ほどまとめたいと思ってます。
ではでは。

屋久島旅行3日目

快晴。
いよいよ、メインの縄文杉ツアー。
朝4:20に迎えに来てもらい、弁当をピックアップして、
荒川登山口から登山開始。
まだ薄暗い中、トロッコ道を登山開始

朝焼けの縄文杉一帯

渓流も昨日とはちょっと違う感じ

セコイアの木

こんな大きな杉もあちこちに

水飲み場。こういう場所がいくつかあります。

夫婦杉ってことで。すでに4時間以上歩きっぱなしですが、かなりのハイテンション

登山開始から5時間後、縄文杉到着!



杉の年輪。かなりびっちり詰まってます。

帰りの山道終了

再びトロッコ道を帰る一行

途中、渓流に降りてティーブレイク


ガイドさんからウクレレとカズーのジャムセッションを披露してもらったり。
動画です。
もういっちょ。
終了間際、飛行機雲が。。。

トータル10時間、22km歩きましたが疲れもほとんどなく、
まだまだ森にいたいと思えるぐらいでした。
次は九州最高峰宮之浦岳?、また行きたいなと。

屋久島旅行2日目

快晴。なんと、強風のためトッピーが運休。
一日ずれてたらヤバかった・・
9:30にガイドさんに迎えに来てもらい、一路白谷雲水峡へ。
メンバーは、ガイドさん(モスガイドクラブの今村さん・玉木さん)と、
静岡から参加のOLさん。+我々の計5人。
30分ほどで現地に到着。
港方面を見るとこんな感じ

入り口にいきなり渓流が

さて、出発!

花崗岩の一帯。

コケ・草花が青々と。




密集するとこういう感じ




ヤクシカ発見!


動画です。


でかい。。

なぜか、簡易ヨガ教室開始。
他の登山客から奇異の目で見られつつも、全員まったく動じない。。
さすがです。





ガイドさん、まだやってます

夕日がさしてます。

天気は快晴、空気が濃密でかなり爽快でした。
車で宿まで戻って、早めに就寝。