カテゴリー別アーカイブ: movie

プルミエール

世界中の妊娠・出産を次々と見せていくドキュメンタリー。
本を最初に読んだんですが、編集されまくりの映画(DVD)よりも実際に何が起こったかがよくわかります。
ただ、イルカと水中で出産したり、砂漠やコミューンでの出産など映像でしかないインパクトも。
というわけで、両方オススメ。本が先の方が良いかも。
 

Sam Garbarski – “Quartier lointain”

映画のニュースで、しかもサントラのエールが本題なんですけど、引っかかったのは原作が谷口ジロー(!)日本の劇画も読まれてるんですね、、おどろいた。。

絶版になってる?みたいですが、探して読んでみたいなと。
個人的に谷口ジローといえばこの2つ
 
どちらも素晴らしい。オススメです。

相田和弘×森達也トークショー 映画「精神」から考えるこの国のメディア

IMG_1987
満員で、立見も出てました。内容は、このポッドキャスト+日米のドキュメンタリー業界の話、撮影方法、森達也の相田監督への嫉妬/愚痴(無論ネタです)などなど。あっというまの1時間半。
著書にサインもらって、写真撮ってもらいました。ミーハーなもので。
IMG_1989
相方は森達也ファンなのでこちら
IMG_1992

“湖のほとりで”

日曜日、日経のレビューを読んでイタリア映画を観にいくことに。
東京では銀座でしかやってないので、地味な作品なのにすぐに入れないぐらいの満席。めずらしい。

ぱっと見サスペンスっぽいですが、謎解きというよりもキャラクター描写がメイン。
田舎の美しい映像と役者陣の演技がすばらしい・・・とか書きましたが、実は何度か寝てしまいました。夏バテかな。。
DVD出たらあらためて観ます。

“精神”

観てきました。
ネタバレ含む周辺情報はたくさんあったけど、それでも想像を超えてました。
前作”選挙”と手法は同じながら、映っている内容のヘヴィーさは比にならない。
いろんなバックグラウンドを抱えた患者と、それを受け止める医師・スタッフの姿に心打たれます。

7/28のABCでの森達也とのトークショー予約してます。楽しみ。

4月にも貼ったけど、再度予告編を↓オススメです。

レスラー

渋谷で観てきました。
プロレスに取り憑かれた中年レスラーの悲哀と、ミッキーロークの人生がブレンドされて、
なんとも言えず味わい深いです。
IMG_0855
相方は今年のBestだそう。
私はグラントリノかな。どっちかといえば。でも甲乙つけ難いいい出来でした。オススメ。

マル激トーク・オン・ディマンド – C・イーストウッドの描くアメリカ保守主義の再興は本物か

マル激の無料回。
最近のアメリカ映画(グラントリノ、レスラー、チェンジリング他)について語ってます。
特にグラントリノの解説が面白い。ネタバレ必至なので、観てから聞いたほうがいいです。
———
ちなみに、2-3時間もPCの前で聴くのはあまりに勝手が悪いので、
フリーウェアGetASFStreamでダウンロードして、同携帯動画変換君でmp3にしてiphoneで聴いてます。(キリンジのWEBラジオも同様)
参考まで。