カテゴリー別アーカイブ: 屋久島

屋久島再々訪

3度目の屋久島&相方妊娠中ということで、今回は活動控えめ。
写真はこちら
【9/11】
過去二回とも行きは高速船トッピーで行ってたんですが、今回は短い日程で時間がもったいないので飛行機移動。
朝9時台の鹿児島経由フライトで1時半には屋久島に到着。早。。
# たまたまフィリピン沖からの流木が大量に鹿児島近辺に流れ着いているそうで、
  旅行中トッピーは全便運休中。トッピーだったら旅そのものが危ういところでした。
  (高速船じゃない通常のフェリーは動いているそう)
レンタカーをピックアップして行動開始。
まずは、i-village改めMoss Ocean Houseを卒業して念願のCafe/定食屋を開いた麿さんとこ(Cafe 麿)で昼食。
P9138841
P9118485
P9118487
P9118493
ご主人は屋久島グルメ情報に精通しているので、いろいろ教えていただきつつ。
看板犬某君にも再会。フォトジェニックw
P9138823
午後、多少時間があるので、右回りで島を一周することに。
一湊珈琲(閉まってた)場所確認→いなか浜で撮影。レンズの汚れが気になるが。。
P9118498
西部林道で大量に屋久猿発見(動画も後ほどUpする予定)
P9118543
夕暮れが美しいので車を降りてみた
P9118551
ぐるりと回ってリニューアルしたMoss Ocean House着。
麿さんの後任、伊藤さんの料理をいただく(実はMOSS入りする以前から相方が知り合い。これも不思議な因縁が・・)
献立
P9118608
P9118572
P9118571 P9118579 P9118580 P9118581 P9118582
普段飲まないのに、ビール一本空けてしまいました。
〆は初もののみかん
P9118583
この日は晴れていたので、満天の星、天の川を堪能。
シャッタースピード60秒で撮ったらこんな感じ。

就寝。
————–
【9/12】
日の出とともに起床(朝6時)
IMG_2179
刻一刻と変化する空と海。
宿から安房港までラン。
10km/1時間が普通になってきた。

爽快。
シャワーを浴びて、宿で朝食。
P9128629
写真撮り忘れた~。いつもどおり最高でした。
妊婦にも差しさわりのない、軽めのトレッキングということで、屋久杉ランド80分コース。
行きしな見た屋久鹿
P9128640
P9128641
P9128665
前回イスラエルのおっちゃんと遭遇した木
P9128703
前回は雨
P5196238
杉の茶屋で軽めの昼食後、リナベーカリー(品切れ)一湊珈琲(今日も閉まってた。麿さん後日談だと焙煎機の故障らしい)→みみ商会(シブい店主と再会)→喫茶 樹林でお茶
P9128724
田代海岸
P9128725
JRホテルの温泉で一風呂あびて、宿に戻り夕食。
P9128765
P9128775
三岳を飲みつつ今村隊長とMoss創設時の話など。面白すぎる。。23時ごろ就寝。
————–
【9/13】
同じく日の出とともに起床(朝6時)。今日は曇ってて日の出は見れず。
近所の海岸を散歩。
DSC00033
その間相方はヨガ
IMG_2186
朝食。常に美味しい
P9138780
P9138786
珈琲もいただく。
P9138788
P9138792
今村隊長とSoul/Blues(Blues Brothers中心)の話とか、看板犬こたろうと遊んだり、おなかの赤ちゃんの名前をいろいろ考えたりしてるうちにお昼に。
P9138798
名残惜しみつつ、チェックアウト。
P9138817
で、またCafe麿へ。すでにリピーターw
カレー、デザート、お茶までいただいてここでもゆっくりと。
P9138828
朝晩Moss Ocean Houseで、昼麿Cafeという組み合わせは最強。
P9138829
P9138836
その後、たまきさんと待ち合わせ。また樹林でよもやま話。若いのにしっかりしてるなぁ~。と感心。おじさんもがんばらないとな。
空港で、たまきさんからイタリア→ハワイ→屋久島と旅してきたぬいぐるみを託されました。
P9138855
次は誰に行くのかなー。
レンタカーを返却して空港から帰途へ。22時過ぎに帰宅。
>Mossの皆様
屋久島か東京か関西で、またお会いしましょう。お世話になりました!

屋久島再訪してきます(9/11-13)

ふと思い立って、去年屋久島でお世話になったi-villageのページを眺めてたら
・MOSS OCEAN HOUSE に名前が変わっている
・まろさんがカフェを作ったらしい
とかいろんな情報が。
これは行くか!という話になり、9/11-13、行ってきます(ホントは7月の皆既日食も見たかった・・)。
2006年は白谷&屋久杉
2008年は宮之浦岳&ダイビング&島内一周etc
今回は滞在短いので、ひたすらのんびりしてきます。楽しみ~。
↓縄文杉前にて。レーシック前だ~。
DSC00364

明日から屋久島

約2年ぶりに屋久島へ行ってきます。一週間。
むこうでは九州最高峰の宮之浦岳にのぼったり、ダイビングしたり、海亀の産卵をみたり、あとはのんびりと。
様子はFlickrにて。
では~

屋久島を歩くときのポイント

私たちは少人数のクルーで、いいガイドさんだったんですが、
大人数もしくは個人で行く場合もあると思うんで、
ガイドさんから、いくつかアドバイスいただいたことを書いておきます。
行く方は是非参考に。
【ガイドさんからのアドバイス】
☆苔を傷つけない
屋久島は花崗岩でできているので、豊かな土壌がもともとあるわけではない。
森になるまでには、
・ざらざらの花崗岩の表面にうっすらと苔が生える(数十年かかる)
・その中に種子が落ちる(湿度・温度・直射日光を防ぐetc)
・そこからさまざまな木が成長、落ち葉・倒木で土壌ができ、木が育つ
ため、森にとって苔の存在が非常に重要。傷つけないように。
☆根を踏まない
根は木にとって血管にあたるので、何万人も踏むと機能しなくなってしまう。
足場確保のためやむを得ず踏んでしまうときは、「失礼します」という気持ちで。
☆葉一枚も持ち帰らない
落ち葉にも分解されて土壌となる役割がある。
そのほか枝も虫も、すべて役割があるので、
何も持ち込まず、何も持ち帰らないように。。
非常にためになりました。。

屋久島旅行4日目

曇り→小雨。
ゆっくりと朝ご飯を食べ、宿の主人に港まで車で送ってもらう。
トッピーで鹿児島港についたら横殴りの雨。
相方の先輩とお昼を食べて、高速バスで鹿児島空港へ。
羽田18:00着。
以上、屋久島旅行でした~。
最後に、鹿児島でもらったかるかん(明石屋)。
餡子なしで、もちもちでおいしかったー。

以上取り急ぎってことで。
三泊四日の国内旅行とは思えないほど、いろんなことを考えさせられた旅でしたが、
そのへんは、後ほどまとめたいと思ってます。
ではでは。

屋久島旅行3日目

快晴。
いよいよ、メインの縄文杉ツアー。
朝4:20に迎えに来てもらい、弁当をピックアップして、
荒川登山口から登山開始。
まだ薄暗い中、トロッコ道を登山開始

朝焼けの縄文杉一帯

渓流も昨日とはちょっと違う感じ

セコイアの木

こんな大きな杉もあちこちに

水飲み場。こういう場所がいくつかあります。

夫婦杉ってことで。すでに4時間以上歩きっぱなしですが、かなりのハイテンション

登山開始から5時間後、縄文杉到着!



杉の年輪。かなりびっちり詰まってます。

帰りの山道終了

再びトロッコ道を帰る一行

途中、渓流に降りてティーブレイク


ガイドさんからウクレレとカズーのジャムセッションを披露してもらったり。
動画です。
もういっちょ。
終了間際、飛行機雲が。。。

トータル10時間、22km歩きましたが疲れもほとんどなく、
まだまだ森にいたいと思えるぐらいでした。
次は九州最高峰宮之浦岳?、また行きたいなと。

屋久島旅行2日目

快晴。なんと、強風のためトッピーが運休。
一日ずれてたらヤバかった・・
9:30にガイドさんに迎えに来てもらい、一路白谷雲水峡へ。
メンバーは、ガイドさん(モスガイドクラブの今村さん・玉木さん)と、
静岡から参加のOLさん。+我々の計5人。
30分ほどで現地に到着。
港方面を見るとこんな感じ

入り口にいきなり渓流が

さて、出発!

花崗岩の一帯。

コケ・草花が青々と。




密集するとこういう感じ




ヤクシカ発見!


動画です。


でかい。。

なぜか、簡易ヨガ教室開始。
他の登山客から奇異の目で見られつつも、全員まったく動じない。。
さすがです。





ガイドさん、まだやってます

夕日がさしてます。

天気は快晴、空気が濃密でかなり爽快でした。
車で宿まで戻って、早めに就寝。